敏感肌の方にもおすすめの化粧水

  • トナーに関する情報について

    • トナーとは、レーザープリンターや複合機・複写機で使用されている消耗品で、帯電性を持ったプラスチック粒子に黒鉛や顔料などの色粒子を付着させたミクロサイズの粒から構築された粉のことを言います。

      この粉を静電気を利用することで紙に転写させた後、熱によってその粉を紙に定着させることで印刷することができます。
      そのため、印刷を行えば行うほど粉が減っていくため、消耗品というカテゴリーになります。



      モノクロ印刷のみのプリンターであれば、トナーはブラックのみですがカラー印刷が可能な場合は、通常やや緑みの明るい青い色であるシアン、そして明るく鮮やかな赤紫色であるマゼンタ、黄色、ブラックの4色が必要になります。



      トナーはカートリッジと呼ばれるプラスチックの容器に詰められており、そのカートリッジを所定の箇所にセットすることで使用することができます。



      そのため通常、中身の粉が周りに飛散する恐れはありませんが、カートリッジを落としたり、破損させたり、まだ残量があるカートリッジを無理やり引っ張ったりした場合は、多量のトナーが散乱する恐れがあります。



      カートリッジの中身はチリやホコリなどのようにとても軽く空気中に舞い上がりやすい上に、静電気に引き寄せられてしまうため人の体にも簡単に付着してしまいます。


      一度付着したものはタオルなどで拭いた場合、色が広がり更に衣服の奥深くまで入り込んでしまいますので付着した場合は、汚れをふき取ったり、お湯や洗剤で除けようとせず、ブラシなどを使用してやさしく取り除くか、水と刺激の少ない石鹸で洗い落とすのが効果的といえます。



      また、カートリッジに関しては複合機・複写機やプリンターによって大きさや形が異なっており、使用できる型番が決まっていますので、すべての機器で同じカートリッジが使用できるわけではありません。
      そのため、使用している複合機・複写機やプリンターが対応しているカートリッジを購入する必要があります。

      カートリッジは使用した後、ごみとして廃棄するのではなく業者に回収を行ってもらうことをおすすめします。



      ごみとして廃棄せずリサイクルにまわすことでそのカートリッジは再度リサイクル商品として使用することができます。



      リサイクル品は再生カートリッジともよばれ、1度使用し終わった空のカートリッジを回収した後に汎用トナーを充填し、再度販売する商品のことをいいます。
      何度もも再利用する上に純正品ではない商品も出回っており、使用した場合、インク漏れなどの初期不良が2、3%の確率で起こることがありますがカートリッジ自体を開発、製造するコストがかからない分、純正品に比べかなり割安で販売されていますので経費削減につながります。

      そのため、地球にもお財布にも優しいエコ活動の1つだという事が出来ます。
      基本的には無料で回収をおこなってくれるところが多いですし、家電量販店などでは回収ボックスが設置されている店舗もあります。



      ただ、他社製品は引き取りを断られる場合もありますので製造メーカーを把握しておく必要があります。

  • 関連リンク

    • 保安用品はいろいろな種類があります。利用者が何らかの傷害を受けた事の防止の為の安全保護具は低年齢の小学生が良く冠っている帽子や自転車や工事用のヘルメットと言った安全帽や安全帯や安全靴や防護面や絶縁ゴム手袋等があります。...

    • カフェ飯がブームになってから、家電製品にもカフェ飯を手軽に作れるアイテムがたくさん発売されるようになりました。これまではお菓子作りが好きな人や、パン作りが日課という人向けにセミプロ使用の家電製品が販売されていました。...